思い出の1ページ

From:高橋徹@生活工房Life

photo

 

先週土曜日、次男の卒園式でした。

会場に入いり、保護者席に座って式の開始を待ちます。

その間も続々と保護者の皆さんが会場に入ってきました。

来賓の方々が保護者席に一礼しそれぞれの席に着きます。

次に年中組が入ってきます。

午前10時、卒園式開始。

「平成28年度、相愛保育園卒園式を始めます。」

「卒園児入場」の言葉と共に担任と園児が入場

男の子は真新しいスーツにネクタイ。

女の子は羽織袴姿で私たちの前に姿を見せました。

二人一組で一礼し、席に座ります。

我が子は一番最後、堂々と一礼した姿を見ただけで、じーんときます。

 

卒園証書授与

 

一人一人壇上に上がり、園長先生から卒園証書を受け取ります。

壇上に上がる園児は背筋がピンと伸び、堂々たる姿。
それはそれは立派でした。

園児と共に保護者も起立し、これまでの園生活のお礼を込めて一礼します。

卒園児お別れの歌

これがやばいです。

卒園児が在園児、保護者を正面にし、歌を歌います。

「さよなら ぼくたちの ほいくえん」

我が子はきちんと歌えているのかな?

淡々としているかと思いきや、泣いています。
号泣してます。

それを見た妻も号泣。
私も号泣。

周りの保護者も鼻をすする音や、ハンカチを目に当てておりました。

この保育園での生活が子供達にとってはかけがえのない、貴重な日々だったのだと改めて感じます。

ラストは園児一人ひとりが保護者の元へ向かいお花を渡します。

次男も号泣しながら妻の元へ。

「あ、、り、、がどう、、、ござい、、ます」

「こちらこそ、生まれてきてくれてありがとう」

 

来賓席も号泣。

園児は大泣き

保護者は当然涙

 

園を離れる寂しさ、

そしてこれからの新たな生活をスタートさせる不安からの涙でしょう。

 

とてもキレイな涙でした。

 

長男の時もこんな涙でした。

子供達の長い人生の中の1ページに
こんなにも素晴らしい思い出ができたこと、とても嬉しいです。

 

ファイナンシャルプランナーが出来る事

 

こういった行事が思い出の1ページになるように、

毎年家族が過ごしきた日々が最高の幸せな思い出になるように

サポートする事がFPの使命だと考えます。

 

毎年の収支、老後のライフプラン、こういった数字だけではなく、お客様が生きた証を残す。

お客様の人生に寄り添って、一緒に歩んでいく。

これがファイナンシャルプランナーの本質と考えます。

 

PS
卒園式後の謝恩会、2次会、3次会、、、
4次会と進み、気づいたら自宅のリビングで寝ていました。

何時に帰宅し、どのような経路で家路に着いたのか、記憶にございません。。。

 

*********************************************************

そろそろ家が欲しい!でも、将来が不安でなあなたへ

【マイホーム予算診断サービス・2回の面談で10,000円】

ですが!ホームページ、またはマイベストプロからのご相談で

10,000円 → 50%OFF の 5000円となります!】

詳しくは、

http://lifeconsul.com/

*********************************************************

お電話でのお問い合わせはこちら

0182-33-5560

9:00~18:00 平日・土日・祝日(定休:お盆、年末年始)
お電話口で「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日祝・夜間でも可能です。