住まいとお金の相談センター  > お役立ち情報  > 2018年の住宅ローン金利を予想します!

2018年の住宅ローン金利を予想します!

From:高橋 徹@生活工房Life 
横手市神明町の事務所より、、、

photo

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

 

住宅購入専門ファイナンシャルプランナー

の高橋です。

 

横手は相変わらず寒い日が続いていますね。

9日の午後から10日にかけて寒気の影響で

雪の予報となっております。

 

事故のないよう気をつけて行動しましょう。

 

2018年住宅ローンの金利を予想

 

まずは昨年の金利がどうだったか振り返っ

てみましょう。

 

昨年1月から12月まで、北都銀行、

秋田銀行も変動金利、固定金利とも横ばいの

 

変動金利は両銀行で0.8%

10年固定は1.35% でした。

 

フラット35の金利は10月に0.2%ほど上昇

しております。

 

これは住宅ローンの金利そのものの上昇で

はなく、“機構団信”が新しくなった為です。

 

つまりフラット35もほぼ横ばいでした。

 

2017年の住宅ローンが超低金利になった

背景としては国の金融緩和によるものです。

 

では、2018年のどうなるでしょうか。

 

金利は横ばいと予想

 

私は2017年と“変わらず横ばい”と

予想します。

 

まず、金融緩和ですが、これは昨今の不景気

つまりデフレを脱却の政策です。

 

ではデフレ脱却の目安は何か?ですが、

消費者物価指数が2%になることです。

 

ニュースでよく聞きますよね。

 

総務省のホームページで2017年11月の

消費者物価指数を見てみると、

 

2015年の基準から

総合:+0.6%

生鮮食品を除く総合:+0.9%

生鮮食品及びエネルギーを除く総合:+0.3%

 

となっています。

 

目標の2%には全然足りませんね。

 

この目標が達成されるまでは長期金利を

維持する金利緩和が引き続き行われること

になるので、住宅ローン金利も大きく上昇

することはないということになります。

 

よって、2018年も変動金利や固定金利とも

に住宅ローンの超低金利は継続するという

ことになります。

 

次の日銀総裁は誰???

 

現日銀総裁である黒田東彦総裁は

2018年4月で任期の満了となります。

 

黒田総裁は昨年騒ぎになった“マイナス金利”

の金融緩和策を実行した方です。

 

日銀総裁は基本的に、政府の方針に沿った

政策を実行できる人物になりそうです。

 

このことからも市場では黒田総裁が日銀

史上初の連続で総裁再任になるとの見方が

強まっていますね。

 

安倍首相がデフレ脱却のために金融緩和を

継続するとなれば・・・

 

住宅ローン金利はこれまでと同様に

超低金利期間が継続すると予想できます。

 

これを踏まえて、

北都銀行、秋田銀行と2017年と同じ金利

と予想します!

 

住宅購入を検討しているあなたへ

 

このまま超低金利期間が続くと、マイホーム

を手に入れる大きなチャンスですね。

 

でも、金利が低いからといって、

家賃並みだからと安心して過度な

住宅ローンにしてはいけませんよ!

 

家賃と住宅ローンの違いについて

 

必ず、あなたに最適なマイホーム購入予算を

把握してから家づくりを始めて下さいね!

 

**************************************
そろそろ家が欲しい!

でも、将来が不安なあなたへ

【マイホーム予算診断サービス
2回の面談で10,000円ですが・・・

ホームページ
または
【AKTマイベストプロからのお申込みで

通常10000円から50%OFF!

5000円となります。

詳しくはこちらを御覧ください。
https://lifeconsul.com/
**************************************

お電話でのお問い合わせはこちら

0182-33-5560

9:00~18:00 平日・土日・祝日(定休:お盆、年末年始)
お電話口で「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日祝・夜間でも可能です。