住まいとお金の相談センター  > お役立ち情報  > 意外と怖いカードローン

意外と怖いカードローン

From:高橋 徹@生活工房Life
横手市神明町の事務所より、、、

photoお盆も過ぎ、学生さんの夏休みもあと少しで終わりますね。

日中はまだまだ暑い日が続いていますが、夜は秋の気配を強く感じられるようになった横手市です。

今年の夏はいかがでした?

我が家は、キャンプ、昆虫採集、町内納涼まつり、盆踊り、送り盆まつりと楽しみました。

この時期、気づけば結構な出費になっていますよね。

 

強い味方??

カードローンです。

最近は無金利型のものもあるようで、消費者はかなり利用しやすくなったと言えるでしょう。

先日、この事を報道ステーションで特集を組んで放送してましたね。

テレビCMもバンバン流れてます。

お金を使う目的が自由なフリーローンも契約数が伸びているようです。

 

銀行は旨味があるカードローン

銀行側も、例えば一つの企業に1000万円を貸して、倒産などで債務が回収出来なくなるよりも個人に100万円を10人に合計1000万円貸した方が、全員が破綻するリスクが低くなりますよね。

なので、銀行は個人のカードローンの契約に相当な力を入れているようです。

銀行側とすれば、契約をもらえると銀行員の成績になり、出世につながります。

そうなると、銀行の窓口なのでカードローンの勧誘を受ける機会が増える事になりますよね。

低い金利で、翌日融資できるのでこの機会にいかがでしょう?みたいに。

押しに弱い方はすぐに契約してしまいそうです。

しかし安易に借りてしまうと、後でとんでもない事になる可能性があります。

近年、自己破産する方も増えており、その1/3はカードローンによるものだそうです。

こういった事情から、全国銀行協会はポスターなどを作成し、カードローンの過度な借り入れは避けるよう注意喚起を促しているようです。

しかし、中々地方まで声が届かないのが現状です。

日本銀行によると2016年末の貸付残高は5兆4377億円との事。

 

住宅ローンに影響

こういったローンは住宅建築の際に少なからず影響があります。

なぜなら年収により返せる金額が決まっているからです。

住宅ローンを組む場合に自動車ローンやカードローンなど他の債務の内容も詳しく見られます。

そして住宅ローンの審査は、住宅ローンと他の債務を合算して毎月返済できる金額になっているか?を判断するからです。

複数のローンがあると結局、住宅建築に響くという事ですね。

返済が出来れば良いのですが。。。

あなたも現金があるのにローンを組むとか、ついつい借りすぎてしまうなんて行動は取らないように気をつけましょう。

 

*********************************************************
そろそろ家が欲しい!でも、将来が不安なあなたへ

【マイホーム予算診断サービス・2回の面談で10,000円】
ですが!ホームページ、またはマイベストプロからのご相談で
【10,000円 → 50%OFF の 5000円となります!】

※8月29日以降のご予約は可能です。

http://lifeconsul.com/
*********************************************************

お電話でのお問い合わせはこちら

0182-33-5560

9:00~18:00 平日・土日・祝日(定休:お盆、年末年始)
お電話口で「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日祝・夜間でも可能です。