住まいとお金の相談センター  > お役立ち情報  > あなたがもし○○になったらどうする?

あなたがもし○○になったらどうする?

From:高橋 徹@生活工房Life 
横手市神明町の事務所より、、、

photo

先日、私の父親がケガをしてしまいました。

 

母から連絡があり、仕事先で転倒して

左腕の骨折とのこと。

 

搬送された病院の医師から、難しいケガで

手術が必要です。と言われました。

 

一週間後に手術が決まり、10日前後の

入院になりそうです。

 

横手市は今真っ白な雪景色です。

このケガだと家の前の雪かきはできません。

 

全く予期しない事態

 

父のケガは本当に予定外。

まぁ予定通りケガする人はいませんが。。。

 

母一人で実家の雪かきをするのは大変なので、

私も手伝うことになります。

 

言ってみれば“私が手伝うこと”

 

父、母からすると私の存在が不測の事態に

対する備えとなる訳です。

 

実はこの備えと対策がこれから家を買う

あなたにとってすごく重要なことなのです。

 

まず、ほとんどの人がまさか自分がケガとか
大きな病気になるわけない。

 

当たり前かもしれませんが、

こう考えていますよね。

 

○○になるわけない

 

家造りをする上で、この考え方はものすごく

危険なのです。

 

例えば

住宅ローンの返済中に大きなケガをして

会社を休む事になったら?

 

毎月のお給料はどうなりますか?

100%支給されますか?

 

会社員で社会保険加入者は働けくなった

4日目から最長1年6ヶ月の間は傷病手当金を

受け取れます。

 

ざっくり言うと一日あたりのお給料の2/3が

社会保険から保障されるもので、結果的に

残り1/3分が収入のマイナスという事になります

 

収入がマイナスになったのに住宅ローンの

返済は待ってくれないですよね。

 

その上、医療費だって請求されます。

 

メガトンパンチ級ほどではないかもしれま

せんが、それでも家計にグッときませんか?

 

こういった事に何の対策もしていないと、

預貯金から支払うことになります。

 

もしかすると、預貯金が底をついてしまい

住宅ローンを返済できない事もあります。

 

最終的に家を手放してしまう可能性だって

あります。

 

まさに“生きるリスク”です。

 

対策は家を建てる前に

 

この場合は医療費や収入のマイナスも考慮

し自分にとって最適な医療保険に加入する

などの対策があります。

 

毎月の保険料は掛かりますが、

こういった事態を乗り切る有効策です。

 

なってしまってからでは、どうしようもない

事もあります。

 

これはほんの一例ですが、思わぬところに

リスクは潜んでいます。

 

もし、病気になったら?

もし、災害にあったら?

もし、働けなくなったら?

 

あなたがこれから家を買いたい

と考えていたら

 

“もし○○になったら?”

この○○を考えてみて下さい。

 

そして

それを乗り越える対策を備えましょう!

*********************************************************

そろそろ家が欲しい!でも、将来のお金が不安なあなたへ

【マイホーム予算診断サービス・2回の面談で10,000円】
ですが!ホームページ、またはマイベストプロからのご相談で
【10,000円 → 50%OFF の 5000円となります!】

横手で実績No.1 のFP事務所
住宅購入に関するお金の相談なら

住まいとお金の相談センター生活工房Lfe

あなたからの連絡をお待ちしております!
********************************************************

お電話でのお問い合わせはこちら

0182-33-5560

9:00~18:00 平日・土日・祝日(定休:お盆、年末年始)
お電話口で「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日祝・夜間でも可能です。