住まいとお金の相談センター  > お役立ち情報  > 苦労せずに住宅ローンの繰上げ返済をする方法

苦労せずに住宅ローンの繰上げ返済をする方法

From:高橋徹@生活工房Life

photo

 

今年も残すところ

あとわずかとなりました。

私は30日に自宅の大掃除をして、

今年を終えたいと

思っています。


会社員は年末調整が終わり

今月のお給料に

過不足額が反映されますね。


税金を多くし支払った方は

多く支払った分だけ戻ってきます。

その逆もありますね。

 

今年家を建てて方は

来年3月15日まで確定申告

することで、住宅ローン減税

を受けれます。


今年の3月に確定申告した方は

サラリーマンだったら年末調整で

控除できます。


この住宅ローン減税はすごいんです。


2000万円のローンを30年で返済する場合

今年の年末のローン残高が

1954万円だったら、

その1%の19万54000円が税金から直接

控除できるのです!


ほとんど税金が還付になる方も

多いのではないでしょうか?

 

こんなにお金が戻ってくると

家計的には助かりますよね。

 

なんとこの制度は10年間続きます。

 

180万円くらい税金が戻ってくるので


デカイですよね。


これは住宅を建てた人にしか


使えませんので、住宅購入前の方に


恩恵はありません。


多額のお金が戻ってくるので、


使ってしまいたい・・・


あなたはいかがでしょう?


少しくらいは贅沢を、

と考えるかもしれません。

確かに今年一年がんばってきたあなたですから

ちょっとご褒美があっても良いですよね。


例えば住宅ローン減税で


戻ってきたお金を10年間で100万円貯めた

としましょう。


その100万円で繰り上げ返済を行ったら

どうなるでしょう?


2000万円30年ローン

金利0,85%

支払い開始は1月

毎月の支払額55070円

とします。


総支払額は約2313万円

このうち利息は

約313万円です。


10年間の住宅ローン減税の合計は

187万円


10年後、このうちの100万円を

住宅ローンの期間を短縮する

繰り上げ返済をすると


金利が変わらなければ

なんと総支払額は2190万円

利息は290万円。


短縮期間22回

となります。


22回分利息を払う必要が無くなると

言うことですね!


しかも、毎月の給料を削って

貯めたものではなく


国から戻ってきたお金を活用して

繰り上げ返済したので、

日々の生活費を削る必要はありません。

 

いかかでした?

 


住宅ローン減税で戻ってきたお金を


ちょっと視点を変えて活用する


ことを考えても良いかもしれませんね!

 

PS

現在の住宅ローン減税制度は

平成26年4月1日から

平成31年6月30日までとなっております。

 

今年、家を建てられた方は

2017年3月15日まで確定申告をしてくださいね!

お電話でのお問い合わせはこちら

0182-33-5560

9:00~18:00 平日・土日・祝日(定休:お盆、年末年始)
お電話口で「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日祝・夜間でも可能です。