家賃VS家賃並み

From:高橋 徹@生活工房Life 
横手市神明町の事務所より、、、

photo

先日新聞折り込みに建売物件のチラシが
ありました。

土地建物合わせて2450万円
横手市では一般的な価格ですね。

“それなりの性能とデザイン”だったので
悪くないと思います。

チラシを読み進めていくと
これはキツイなぁ・・・
と感じるところがありました。

住宅メーカーの鉄板プロモーション

住宅ローンは“月々66342円~!家賃並み!”
↑この文言です。

これは住宅を売る側の決まり文句のような
ものです。

あなたも見たことありませんか?

今の家賃と同じローンだったら返済可能だ
から家買っちゃおうかな?

こう思う方も少なくないです。

私は仕事柄こういったものを見てしまうと、
ローンの年数や期間を計算しちゃいます。
職業病ですね(^^;

計算すると某金融機関の3年固定0.75%
期間は35年とわかりました。

確かに当初の支払いは家賃並です。
決して誤表記ではありません。

注目したのは“3年固定”という部分です。

このタイプの特徴は3年後金利が見直しに
なり、その時点の金利で住宅ローンの返済額
が決まる。

未来の金利はどうなるのか不明なので、
3年後は一体いくら位の支払いになるか
分からないということです。

まず金融機関は住宅購入後の金利に大幅な
割引特典をつけます。

簡単に言うと

「いらっしゃいませ!
住宅ローンご契約ありがとうございます!

せっかくローンを組んでくれたので金利を
割引します!

あっ、でも3年後は割引なくなりますよ~!」

こんな感じです。

家賃並みなのは3年間だけ!

つまり3年後は割引特典がなくなる分、
金利は上がります。

そうなると、毎月の返済額も高くなりますね。

これを踏まえて、現在の金利で割引をなくすと・・・

3年後の返済額は毎月79309円になります。
結構高くなりました。。。

こうなると、もはや家賃並ではありませんよね・・・

住宅ローン以外の出費もある

さらに家を購入するとアパートに住んでい
た時にはかからない固定資産税などの支払
いが毎年増えることになります。

お子様の学費や食費も年が経つに連れ増えます。

家族旅行や車の買い替えも考えなくては
なりません。

そんな時に住宅ローンの返済額が上がると
家計が回らなくなる可能性があります。

ダブルパンチどころか、トリプルだって
有り得ます。

最終的に家を手放してしまう可能性だって
あります。

こうならない為に、家を買う時は

自分の家族にとって

“最適な住宅ローンはどれか?”

をしっかり考えてくださいね!

 

*********************************************************

そろそろ家が欲しい!でも、将来が不安なあなたへ

【マイホーム予算診断サービス・2回の面談で10,000円】
ですが!ホームページ、またはマイベストプロからのご相談で
【10,000円 → 50%OFF の 5000円となります!】

http://lifeconsul.com/

あなたからの連絡をお待ちしております!
*********************************************************

お電話でのお問い合わせはこちら

0182-33-5560

9:00~18:00 平日・土日・祝日(定休:お盆、年末年始)
お電話口で「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日祝・夜間でも可能です。