雪と金利

From:高橋徹@生活工房Life

photo

 

横手にお住いのあなたへ

 

すごい雪ですね。

今日は今シーズン初めて流雪溝に

水が流れました。

 

私の町内は朝7時半から

9時まで雪捨て出来ます。

 

この2、3年は降雪量も少なく、

比較的すごしやすい冬でした。

 

『今年はなんとだべぇ…?』

 

あなたも話題にした事がありますよね?

 

こればかりはフタを開けるまで

わからないです…

 

今日みたいな大雪が

続いたらどうしましょ…

 

キツイです…

 

毎年の事とは言え、

雪寄せは面倒でつかれます…

 

雪の降り方と変動金利は似ている。

 

住宅ローンの金利タイプで、

全期間固定金利というものがあります。

 

ローンの開始から最後まで、

金利が変わらないものです。

 

借りる時に1.47%であれば、

最後まで1.47%です。

 

雪の降る量が、めちゃめちゃ低い

固定金利のように同じであれば

すごい楽なんですけど…

 

明日は、今日より降るかもしれない…

いやいや、今日よりは降らないでしょ?

 

本当のところ

誰にもわかりません。

 

どうなるなわからない点で、

半年ごとに金利の見直しがかかる

変動金利みたいですね。

 

変動金利といえば

 

先日、ある銀行の住宅ローン説明会に

行ってきました。

 

そこで気になる発言があって…

『今、変動金利が本当に下がってます。』

『今が一番下かもしれません。』

 

こう言ってました。

 

金利は下がってる??

 

…違和感を覚えました。

 

横手の変動金利の相場は

 

A銀行で0.8%

B銀行では0.85%

 

とそんなに差はありません。

実はこの変動金利の金利、

各銀行の店頭金利と言う金利を

ベースに決められます。

 

例えば、店頭金利が2.675%とします。

 

A銀行だったら

住宅ローンを当銀行で決めてくれたら

この2.675%から1.875%を最後まで

割引して0.8%の優遇金利でお貸ししますよ。

 

B銀行だったら2.675%から1.825%割引して

0.85%でお貸ししますよ。

 

といった感じです。

 

この店頭金利、調べてみると

横手の銀行で、この8年くらい

2.675%から変わっていません。

 

変わってない…

 

えっ?

 

だったら金利は下がってないのでは?

そうなんです。

 

変動金利の水準は、下がっていません。

 

下がったように感じるのは

優遇の割引が、上がったからです

 

5年くらい前は2.675%から1.675%の

優遇で1%前後の変動金利でした。

 

今は優遇割引が、1.875%なので

下がったように見えるのです。

 

世の中の情勢がもたらした

金利ではなく

金融機関の努力金利

と言うわけです。

 

あなたが、これから家を買う際、

銀行選びの選択肢として

各銀行の努力にも目を向けて

みては、いかがでしょう?


金利は企業努力で

変えれるかもしれませんが

降雪量の操作までは

最新の科学をもってしても

出来ないですよね…

 

PS

このコラムを書いている今

めちゃめちゃ雪降ってます…

さっきまで降っていなかったのに…

 

明日もブル確定でしょうか…

 

この時期

変動降雪かくごですね。

お電話でのお問い合わせはこちら

0182-33-5560

9:00~18:00 平日・土日・祝日(定休:お盆、年末年始)
お電話口で「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日祝・夜間でも可能です。